• MVNOの概要と特徴

    MVNOとは「MobileVirtualNetworkOperator」の略称で、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。

    簡単に言うと、携帯電話回線等の無線通信基盤を他の通信事業者から借り受けて独自のサービスを付与して提供する企業のことです。
    そのほとんどが携帯電話会社との直接契約よりも割安でモバイル通信サービスを利用できることから、MVNOという呼称は「格安SIM」という意味合いで利用されることが多いです。
    無線通信で利用できる電波の帯域は限られているので、無線通信サービスの免許を受けることができるのは数社しかありません。しかし、MVNOは認可を受けている事業者の設備を借りて運営を行う為、免許を取得していない企業でも参入できるという特徴があります。

    MVNOが割安でサービスを提供できる理由は、携帯電話会社と直接契約した場合と比較して、データ通信量の制約が厳しく設定されているためです。

    MVNOの情報を探すならこちらです。

    サービス内容によっては、音声通話が利用できなかったりSMSが利用できないという制限がかかっているケースもあります。

    このような制限があることから、スマートフォンでMVNOを利用する際には、利用する携帯電話会社の制約がない「SIMフリー端末」を選ぶことを推奨します。



    サービス内容は事業者やプランによってメリット・デメリットがありますから、料金とデータ通信速度・容量や機能面を見比べて、自分の目的に合ったサービスを選ぶことが大切であると言えます。