月々の無駄を省けるようになるMVNO - MVNOは回線増強などを行っている
  • 月々の無駄を省けるようになるMVNO

    格安SIMは基本データ通信だけで音声通話サービスなどつけるかは利用者が選択することに。



    携帯キャリアみたいに2年以内で解約すれば高額違約金とられることはないです。そして海外空港に行けばSIMカードの自販機を見かけますが、ベンチでプリペイドSIM購入して自分のスマホに差し替えるだけで海外でも手軽にデータ通信できて便利。

    そして最近はMVNOを目にしますが、どいった仕組みなのか。

    これは基本料が安くて、各社によりいつでも解約手数料や半年契約、1年契約なら割引になったり多彩。

    祖そして、SIMカードのみの契約もしていて、今利用してるスマホなど好きな機種使用が可能。



    そして、MVNOは大手通信キャリアから回線をまとめ借り受けてそれを小口に分け格安SIMユーザーに提供。



    回線をまとめ借りるといったことは不正確ですが、難しいことはわきに置きます。そしてほとんどのMVNOはNTTドコモから回線おろしてもらってるのが現状です。

    KDDI回線を個人向け提供してるのは関西電力系・オプティコム社のマイネオなど。
    そして、どうして格安SIM料金は従来の大手キャリアと比べて低額なのかですが、MVNOが低料金で格安SIMサービス提供できるのは回線まとめて借りたうえで販売にかかわるいろいろなコスト削減してデータ通信量を制限してるからです。無駄を省き月々のランニングコスト削減できるのは格安SMの特徴であり、ほかにもメリットがあります。